迫力

更新日
03/01/01

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。当店は年中無休ですので四代目は元日から仕事をがんばっております。

毎年、元日の一番最初の仕事で西川町岩根沢の出羽三山神社に配達に行きます。氏子さん方がお集まりになる席に鯉の甘煮を上げていただけるからです。配達は神社の社務所にお持ちします。この社務所は国の重要文化財に指定されています。納得です。とにかく凄いんですよ。高い天井に一周3mはあるであろう太い柱、広い梁、大きい床の一枚板、それが囲炉裏の煤が漆黒に染め、凄い迫力です。そこにある迫力とでも言うのでしょうか。存在そのものが迫力です。この社務所が更に凄いのは実際に使われているところです。立入禁止にせず、氏子さんが囲炉裏の回りに集まり、料理を作り、暖をとっています。長い歴史の中で宮司さんを中心に関わる人全てが大事に護り受け継いできた事が伝わってきます。

年に一度ここを訪れる度に感慨深くなります。そして、配達に来れる事を誇りに思います。新年というと「新しい事を始める」みたいな感じがあるのですが古いものに「一年歴史を重ねる」事も新しい事だと四代目は思います。

丸原鯉屋は今年も「新しい事」をして参りたいと思いますので宜しく御願い致します。

16

過去ログ