ウデ

更新日
03/04/19

春です。ですが暑いです。「春は陽気な気分」は打ち砕かれています。

現在お店を改装しています。外観と店舗の販売部分なのですが毎日、職人さんが来ます。大工さん、左官屋さん、トタン屋さん、基礎屋さん、自分の仕事の合間に見学しています。いやぁ・・・他人の仕事は面白い!!見ていて飽きない!!

恒例の生命保険会社のアンケートでは子供が将来なりたい職業の第3位が職人さんだそうで、ここ数年常にベスト5に入っています。実際、見ていると子供の気持ちがなんとなく気持ちが解ります(笑

道具一つ見ても興味津々です。使えもしないんですが欲しくなります。

先日、知り合いの仕立て屋さんのお店が火事になりました。火事は七代に一度は起きると言われています。起きてしまった事は仕方が無い事で誰も怪我をしなかった事が不幸中の幸いでした。

仮店舗で営業を再開され、開店のお祝い代わりにYシャツを仕立てていただく事にしました。採寸している時にご主人が「火事でモノは失ったけどウデは残った」とおっしゃってました。つまり身に付いた技術は無くならないと言う事で、なるほどなぁと感じ、一生頭に残る言葉になると思いました。

日々の努力がいざという時に自分を助けてくれる、逆に言えば助けて貰えるだけの技術を体に覚えさせなければならない。と

子供の頃に友達と「金閣寺を作ったのはダレだ?」「大工!!」などと冗談を言った事があります。冗談では無いです。それが正解です。金閣寺に限らず現代に残る歴史的建造物は何を隠そう、それだけの技術を持った職人さんが造ったものです。

経験と努力の大切さを感じつつ「日々是精進」という言葉をかみしめた四代目です。

23

過去ログ