比率

更新日
03/05/13

GWが終わりました。例年に比べ日数も行楽地の人出も半分という感じでしたね。テレビを見ていたら、インタビューされていた人が「休みが短くて何も出来ないよ」と言っていました。3連休が短いとは驚きます。少し前なら考えられないですね。

連休を連休として満喫できる人というのは就業人口の30%程だそうです。まぁそのぐらいの比率でないと何処に出掛けてもお店が全く開いていないという事になってしまいますが(笑

さて、「骨なし魚」ってご存知ですか?四代目が加入しているメーリングリストFishMLで話題に上がり様々な意見が出ました。個人的な意見としては条件付きで賛成という立場です。

看護士さんや介護福祉士さんは入所者の食事の介添えの際に骨を取るのが大変な苦労らしく、そういった医療施設などからの要望に答える形で水産加工会社が手掛けたものらしいです。現在は一般にも流通しておりご家庭で介護される方もご苦労はありますから重宝されているようです。そういった方々の事を考えると一概に反対は出来ないです。

丸原鯉屋でも「鯉ぶかし」という骨まで食べられる商品がありますが、鯉ぶかしを創るにあたり心配する部分はありました。既存の商品に取って変わらないかな?とか鯉本来の美味しさを損なわないかな?とか・・・

しかし、創ってみれば満足のいく商品となり、お客様にもそれはそれとして受け入れられた様で、一つのカテゴリというか、ポジションを確立した様です。他の魚にしても魚本来の姿形や鮮度を重視したものが無くなってしまう事はありませんし、流通量が骨なし魚と逆転する事もないでしょう。本物は強いですから。

しかし需要があるから商品が存在する訳で、その需要も人の嗜好や事情によってそれぞれの割合が確立されます。それらが相まっている訳です。何事にも比率というものがあるんでしょうね。いい塩梅というやつですか。

24

過去ログ